40代、50代の多くの女性が感じる、ほてり、のぼせ。
暑くもないのに突然暑く感じ、大量の汗が出るという症状。



これは「ホットフラッシュ」と呼ばれ更年期の主な症状の一つです。


ただ単にほてりを感じるだけでなく、全身けだるくて熱っぽいなど風邪を引いたときのような感覚に襲われる人もいますし、暑さだけでなく痛みを感じる人もいるようです。このほてりは冷ましたくても自分では調整できないことが多いです。


このページでは更年期に現れる症状、急に暑くなる汗やほてり「ホットフラッシュ」と、対策について書いています。


更年期の汗

汗が出すぎて辛いホットフラッシュ

実は私の母も更年期にはかなり悩まされたようです。のぼせやほてりだけならまだ良かったのですが、大量の汗が急に出るのが本当に困ったと言っていました。


『走った後とかならわかるけれど、夏でもないのに人と話をしていたら突然体がカーッと熱くなったかと思ったらドバーっと汗が頭から流れ出してくるの。そのうえそのままでいることができないほど全身びっしょり汗をかくの』
と言うようなことを話してくれました。


1日に1回ならまだしもこれが1日の中で数回現れるので本当に困ったそうです。人と話をしている最中では、相手にもびっくりされてしまいますよね。


普段はそれほど汗をかかない体質だったので、更年期に入ってホットフラッシュに襲われ、こんなに汗をかいてしまうようなひどい症状に悩まされるとは思ってもみなかったようです。



人によって差がありますが、40代の後半から50代になると女性は更年期に入り、閉経前後の数年間、自律神経のバランスが崩れ様々な症状がみられます。数年から、長い人では15年以上も更年期障害で悩まされる人もいるそうです。


このような更年期の症状は辛いことも多いのですが、ほとんどの女性に程度の差はあれど現れる症状で病気ではありません。上手に付き合いながら乗り越えたいです。

 

 

ホットフラッシュ 急な汗やほてりに自分でできる対策

軽い運動 スポーツ

ホットフラッシュは自分では抑えることができず、いつ起きるかわかりません。夜中にホットフラッシュで起こされる人もいます。時間も場所も構わずにおきるのでよけいに困ります。

でも急なほてりや汗も、できる準備をしておくことで少しでも症状を和らげることができます。


いつもウェットティッシュをカバンに入れておくことは、使うと肌がひんやりするのでオススメ。着替えも用意しておくと安心ですよね。この際すぐに脱ぐことができるおしゃれなカーディガンなどを購入して、気持ちを明るくし、楽しんでしまうことも良いかと思います。

また、軽いスポーツをして汗を流すことで治った話も実際にあるそうです。運動をすることは気分転換にもなりおすすめです。

更年期の症状「ホットフラッシュ」対策

  • いつもカバンに厚めのタオルハンカチやウェットティッシュを入れておく
  • かばんに扇子を入れておき、カーッと熱くなり始めたらすぐ扇ぐ。
  • 熱くなり始めたら水を2、3口飲んで体温を少し下げる。
  • 衣類(カーディガンなどの脱ぎ着しやすいもの)で体温を調節する。
  • 普段から出来るだけ気持ちに余裕を持ち、ドンと構える。
  • 軽いウォーキングやスポーツなどで気分転換する。
  • インナーに綿は、汗は吸うけど乾かないのでダメ。発熱、吸汗、速乾には化繊を使う。

 

更年期の症状「ホットフラッシュ」がでたら我慢しすぎない

更年期障害は症状が辛いだけでなく、急にやる気が無くなり老いを感じるなど、精神的に落ち込んでしまうこともあります。ですがほとんどの女性が経験するものです。そう思って、明るく過ごすように心がけたいです。


更年期の症状がひどく辛い時は我慢せず通院することをお勧めします。そのうちに軽くなるだろうと我慢したまま過ごす人も多いようですが、更年期の症状がよくなるまでには数年の時間がかかります。なかなか軽くなりません。

熱くなり汗をかく女性

今までは元気や健康に自身があった自分。短期間で年齢的な老いを感じ、落ち込んだりへこんだりして、何とかしたいと思っていてもなんともならない自分。それでも更に落ち込み、鬱になってしまう場合もあります。


婦人科では主にホルモン補充療法(ホルモン剤)による治療や生活指導を受けることができます。他にも漢方療法による治療法がありますし、病院によってはプラセンタ投与(プラセンタ注射など)による治療を保険適用で受けることができます。更年期治療のための通院は数ヶ月以上かかることが多いですが、症状がひどい時は早く楽になりますので悩まずに通院しましょう。


ですが仕事などで長期の通院が難しい人やホルモン補充療法や注射に抵抗がある人もいるかと思います。そんな場合は市販の漢方薬を試してみるのもいいですね。サプリメントも効果がありますよ。どちらも選択肢に入れてください。

市販の漢方薬やサプリメントなら処方箋はいりませんし、通院しなくても飲むことができます。更年期障害に効果的な市販薬やサプリメントは多数販売されています。

⇒ プラセンタ注射の若返り効果

更年期を乗り越えるために私自身が効果的だったこと

私ごとですが50代半ばを過ぎました。ホットフラッシュなど更年期障害も体験しサプリメントやプラセンタ注射、ホルモン剤(薬)補充療法も体験しました。

プラセンタ注射については効果は期待していたものの、毎週2~3回は通わなくてはならないため通院しきれなくて2~3ヶ月で諦めました。

ホルモン剤(薬)補充療法は、長く通院するのでいつまで通えばいいのか先が見えなくて不安になることもあります。また、半年~1年とホルモン剤を飲み続けるうちにどんどん太り始めてしまい(薬の副作用なのかは不明です)、何をしても痩せなくて中断して様子をみることにしました。

 

ホルモン剤をやめてサプリメントに戻しましたが特に更年期障害の辛さを感じることもなくなったので、その後の通院治療は終了しています。

体重については酵素ダイエットを実践しストレッチ食習慣を見直すことでほぼ元に戻りました。現在は辛く感じることもなく楽しく過ごすことができています。

 

気軽に取り入れやすく効果が高いのはプラセンタ注射に近い効果を期待できる、高濃度(原末100%)のプラセンタサプリメントだと感じています。

⇒ プラセンタサプリメントおすすめ10選

ホットフラッシュにはプラセンタサプリメントがおすすめ

私の経験からもホットフラッシュを含む更年期対策としてサプリメントを飲むならプラセンタがお勧めです。プラセンタには自律神経のバランスを整える効果やホルモンのバランスを整える効果がありますので、更年期の辛い症状を改善させるのに効果的です。またプラセンタはほかのサプリに比べても単体でのアンチエイジング効果が高いです。


プラセンタ自体が疲労回復作用が高いので当然ですが、プラセンタサプリは辛い更年期の症状が改善される作用が期待できます。長く続く更年期のつらい症状もプラセンタで私はかなり楽になりました。さらに肌もピチピチになり一石二鳥(笑)。このように嬉しい効果も感じることができます。
※人によって感じ方や作用の違いがあります。

健康な生活
更年期の汗、ホットフラッシュの改善を望む人、更年期によって気持ちが落ち込んでしまっている人、体のだるさ、頭痛などいろいろな症状が現れている人、通院することはできないけど定期的に取り入れたい、安定した効果を得たいと思っている人、更年期だけでなく美容や健康の効果も実感したいと思っている人に、プラセンタサプリメントはぴったりです。


更年期障害を軽くしたい場合のプラセンタサプリメントを選ぶ時のポイントは、100%原末などの「高濃度」のものを選ぶこと。高濃度のプラセンタはプラセンタ注射に近い作用を期待できます。


⇒ プラセンタとは?プラセンタの安全性とリスクについて

⇒ 安全性の高い、10歳若返るおすすめプラセンタ