シミ取りクリームとしては、ハイドロキノンが有名ですよね。私も何度かハイドロキノン入りのクリームを、トレチノインとともに併用で使ったことがあります。

でも、最近では新しい「Lumixyl(ルミキシル)ペプチド」と言う美容成分が、アメリカの皮膚研究者によって開発され、その成分を配合した化粧品「ルミキシルブライトニングクリーム」の愛用者が増えているようです。

本当にシミ取りに効果的ならすぐにでも使いたいものです。ルミキシルブライトニングクリームの美白効果と有効成分について思いっきり詳しく調べてみました!

 

 

ルミキシルシミ取りクリームセット

引用:ENVY

美白クリーム「ルミキシルブライトニングクリーム」とは

ルミキシル(Lumixyl)ブライトニングクリームはアメリカのスタンフォード大学の皮膚研究者によって開発された新しい美白成分「Lumixyl(ルミキシル)ペプチド」を配合したクリームです。

 

医療機関専売品の化粧品で、一般的にクリニックなどの医療期間で専売されているコスメになります。

シミやくすみの原因となるメラニンを作るチロシナーゼと呼ばれる酵素の働きを防ぐ「ルミキシルペプチド」の働きで、美白効果、肌の透明感、肌の輝き(ブライトニング)を取り戻す効果等があることが認められています。

美しい肌

 

シミ取り治療の外用というと以前から「ハイドロキノン」が有名ですが、ルミキシルの方が17倍も高い有効性を持つことが臨床試験で確認されました。

使った人たちの口コミから、愛用者が増えて話題にもなっている美白化粧品が「ルミキシルブライトニングクリーム」なのです。

「臨床試験では、医療機関でも多く使用されている「ハイドロキノン」より、ルミキシルの方が17倍も高い有効性を持つことが確認されています。(チロシナーゼを86%、メラニン生成を40%阻害)ルミキシルは、部分的に白く色抜けすることなく、肌のキメを整え、肌を引き締め、透明感のある肌へと導きます。」
引用:ルミキシルペプチド

ルミキシルブライトニングクリームは美白クリームとして、シミを薄くし、肌に透明感を出すだけでなく、肌のキメを整える美肌効果までも期待できる、これまでにない次世代型コスメと言われています。

さらに「ルミキシルブライトニングシステム」で、ブライトニングのスピード&効果アップが期待できます。

美白成分ルミキシルペプチドについて

「ルミキシルペプチド」は天然由来のアミノ酸からなるタンパク質。シミの原因、皮膚のメラニン生成を引き起こす「チロシナーゼ」の働きを阻害する働きがあります。

ルミキシルペプチド効果 rumiルミキシル

 

つまり、ルミキシルペプチドは、シミの原因であり、くすみの原因であるこのメラニン生成を抑えます。

新しくできる老人性のシミや、そばかす、肝班など、表皮性の色素沈着(シミ)にとても有効なのです。

 

シミの原因「メラニン」と、それを生成する酵素「チロシナーゼ」の抑制効果において、ルミキシルペプチドと同量のハイドロキノンと比較したところ、臨床試験ではルミキシルペプチドの方が、ハイドロキノンの17倍も高い有効性を持つことが確認されました。

「皮膚のメラニン生成を引き起こす酵素であるチロシナーゼの阻害効果において、ルミキシルペプチドは86%の抑制効果が確認されました。同量のハイドロキノンのチロシナーゼ抑制効果と比較すると、17倍も有効的にチロシナーゼを阻害していることになります。」
参考:ルミキシル

簡単に書くと、ルミキシルペプチドは新しいシミをできにくくするのにとても有効ってことですね。

 

ルミキシルブライトニングクリームの効果と特徴

ルミキシルブライトニングクリームは抜群の美白効果が期待できる

ルミキシルブライトニングクリームは前述したように、同量のハイドロキノンと比べると17倍もチロシナーゼを阻害し、シミ取りに期待できる「ルミキシルペプチド」を配合したクリームで、シミをできにくくするのにとても有効です。

ハリのあるシミのない肌
実際に使った人の感想でも、肌に透明感がでたとか、肌の色がワントーンアップしたなどの声が本当に多いです。
美容クリニックでのモニター女性を対象にした「ルミキシル」の臨床試験でも、使用後8週目に著しい改善が認められました。さらに12週間後は40%、16週間後には50%の改善が認められたことが報告されています。

 

このような実際の症例はとても信用できるものですね。ルミキシルブライトニングクリームの美白・美肌効果はとても期待できます。

※必ずしもすべての人に同じような効果が出るとは限りません。

 

シミ取り

実際のシミ取りの症例

ルミキシルブライトニングクリームは肌への刺激が少ない

いくらシミ取りや美肌効果があってもお肌にトラブルが起きてしまっては意味がないため、安心してつかえる美白成分を選ぶことが大切ですよね。

ルミキシルペプチドは天然のアミノ酸からなるタンパク質で、完全に非毒・非刺激性なので、肌へのダメージが少ない安全性も高い成分です。肌のパッチテストにおいても、刺激やアレルギー反応は認められていません。

 

肌に塗った後も皮膚のバリア機能を損なわないので、日光による肌ダメージを抑えることもできます。

170217

 

敏感肌の方でも安心して使えるので、自宅での美白ケアに「ルミキシルブライトニングクリーム」をすすめるクリニックが増えているそうです。

ルミキシルペプチドは一連の天然由来成分のアミノ酸から成り、構造はタンパク質とまったく同一なため体に取り入れても安全です。優れた非毒性の特性により微量で処方することができます。非毒性で細胞レベルに働きかけ、メラニン生成を均一に抑えるため、すべての肌質に安心して使うことができ、調和した均一な外観が長期的に得られます。

参考:ルミキシルペプチドの安全性

ただ、どんな敏感肌の人でも必ず使えるというものでもなく、口コミなどを読んでも、中には合わなかったと書いている人もいます。敏感肌の人は特に「トラベルセット」などで試してからお使いになるのがいいかと思います。

⇒ ルミキシル(Lumixyl)トラベルセット(グリコピール10)

ルミキシルブライトニングクリームは長期の使用ができる

ハイドロキノンは色素細胞に対する毒性が強く長期に使うと肌が白く色抜け(白斑)するなどで3ヶ月以上使うことができませんが、ルミキシルは非毒性のため長期使用が可能です。

これはとっても安心事項です。
3ヶ月で使えなくなると知っていても、美白効果を実感するともっと白くなりたいという気持ちが先に出てしまいがちです。

肌の悩み
またハイドロキノンだけでなく、ビタミンCなど多くのスキンケア製品の成分は、空気に触れると酸化(変色)し製品自体の有効性が失われてしまいます。ところがルミキシルペプチドは酸化しません

 

成分が安定しているということは、開封した後も有効性が保たれるということ。その点も安心して使い続けることができる美白クリームと言えそうですね!

 

シミ取りクリーム「ハイドロキノン」と「ルミキシルペプチド」の違い

シミ取り治療などの美白クリームとして効果を高く認められている「ハイドロキノン」は、トレチノインと合わせて使うことで、美肌・美白効果がとても高いものです。

では、ハイドロキノンと比べ、ルミキシルは具体的にどのように違うのでしょうか?

 

61b194e5f9fc2efdf008a964e30dc2f4_s

 

メラニンの生成を純粋に妨げるのではなく、「皮膚のメラニン細胞を壊死させ、強制的にシミ排泄を促進する」のがハイドロキノンのメカニズム。なので、できてしまったシミに対しては、ハイドロキノンの方が効果が期待できる場合もあります。

医療機関でも、まだまだ多く処方されているのは「ハイドロキノン」のようです。

 

でも、ハイドロキノンは肌への刺激や細胞毒性が強く、濃度が高過ぎると白い斑点ができてしまったり、肌のかぶれや赤みが出たり、皮膚が薄くなってしまうこともあるため、長期の使用はできません。化学物質なのでアレルギーを起こすこともあり、敏感肌の方など肌に合わない人が多いというデメリットがあるのです。

シミ取りしたい

 

クリニックなどで正しい使い方を知り、的確なアフターケアを行わないと、反対にシミが濃くなってしまうなんてこともあります。こうなったら美白どころじゃないですよね。

 

それにたいしてルミキシルブライトニングクリームの成分「ルミキシルペプチド」は、天然由来のアミノ酸からなるタンパク質。完全に非毒・非刺激性で、細胞を壊死させることなく、メラニンの生成を抑制しシミ排泄を促進するものです。

 

顔だけでなくからだ全体に使え、敏感肌の方でも使えるほど安心できるのがルミキシルクリームです!しかも美白だけでなく、肌にハリやツヤを与え、透明感が出ると言われているので、美肌効果も期待できます。

ハイドロキノンはメラニンの生成を純粋に妨げるのではなく、「皮膚のメラニン細胞を壊死させ、強制的にシミ排泄を促進する」メカニズムです。肌への刺激や細胞毒性が強く、皮膚が薄くなってしまうこともあるため、長期の使用はできません。一方、“Lumixylペプチド”は「細胞を壊死させることなく、メラニンの生成を抑制しシミ排泄を促進する」ため肌へのダメージがなく、長期間でも安心してお使いいただけます。

参考:聖心美容クリニック

ハイドロキノンと比べても安心して使える美白クリームが「ルミキシルブライトニングクリーム」。

その美白のスピード&効果アップに期待できるのが、「ルミキシルが推奨するシステム」で使うことになります。

 

ではシミ取り効果がスピードアップできる、「ルミキシルシステム」とはどのようなものか?そして、ルミキシルを効果的に使うにはどのように使ったらいいのかは、次の記事「ルミキシルシステムの効果的な使い方」をご覧ください。

 

ルミキシルは下記で購入可能です

 

◆ルミキシルのこと書いています。

 

まとめ

美白成分「ルミキシルペプチド」は「ハイドロキノン」の17倍も高い有効性を持つ。

ルミキシルペプチド配合のクリームがルミキシルブライトニングクリームで、抜群の美白効果が期待できる。

ルミキシルブライトニングクリームは刺激が少なく安全性が高い。

ルミキシルペプチドは酸化しにくく、安定した成分で、長期仕様が可能。

ハイドロキノンと比べ、天然由来の成分が安心して使える上に、美肌効果も高い。

 

シミ取りクリーム

 

ルミキシル販売店