年齢を重ねるほど肌の悩みが増えてきますよね。特に肌のカサつきは、多くの人が感じる悩みだと思います。

「乾燥肌」とは肌がどんな状態になっているのか?まずはそこから知ってみましょう。そして肌が乾燥している状態には、肌のどこにどんな成分を補えばいいのでしょうか?

 

このページでは、乾燥肌の人が補うべき成分「セラミド」の効果や種類について、そして補い方についてお伝えします。乾燥肌の人にじっくり読んでいただけると幸いです。


⇒ セラミド配合化粧品 ヒフミドの体験レビューはこちら

 

乾燥肌に潤いを与えるセラミドの保水力と効果

乾燥肌とは、角質層が水分不足である状態

乾燥肌を改善するためには、角質層が水分を十分に保てるような状態にする必要があります。健康な肌は、汗などの水分と皮脂が混ざり合ってできた皮脂膜で覆われています。この皮脂膜がバリアとなって、乾燥から肌を守ってくれていますよね。


このバリアがあるのが肌の表面にある角質層です。角質層の厚みは0.02ミリほどしかないのですが、角質細胞と細胞間脂質でレンガを整然と並べたように重なることで、水分が保たれています。
角質層
レンガが整然と並んだような状態の肌は表面がスベスベで潤っていますが、 所々めくれ上がった状態になるとざらざらと感じ、カサカサしやすくなります。めくれ上がった状態ではそこに隙間が出来るわけですから、水分が蒸発しやすくなり、肌はますます乾燥します。さらには、肌荒れを感じ、小じわの原因ともなります。


このように、肌がスベスベであるとか、乾燥してカサカサしていると感じるのは、「角質層」の状態を表しています。

つまり、角質層の状態を、水分を十分に保てるように整える(保湿する)ことが、乾燥肌を改善し潤いのある肌を保つためにはとても重要になります。


では、角質層の水分不足を防ぎ潤いのある肌にするためには、どうしたら良いでしょうか。

 

角質層に潤い成分を補うのが乾燥肌改善のポイント

 

しっとりと潤いのある肌にするためには、角質層に存在する潤い成分で保湿機能・バリア機能を保つこと。潤い成分を不足しないように補ってあげることが重要です。



肌のバリア機能と潤い

 

もともと肌は保湿成分を保持し、保湿機能・バリア機能があるのですが、ストレスや体調の変化、外部の刺激、年齢的な要因などにより潤い成分が不足し、角層のバリア機能が弱まり、肌が本来の機能を果たせなくなる場合があります。



そのように肌が本来の機能を果たせなくなった肌へは、「潤い成分を補う」など「バリア機能の強化」をすることが必要です。それが乾燥肌を改善するために大切な「潤いケア」になります。

肌には、もともと存在している保湿成分があります。この保湿成分が充分にある状態が理想的なバリア機能を保っている状態なのですが、それを不足していないように補ってあげること、それが保湿です。

第一三共ヘルスケア

 


前項にも書いた通り、角質層は角質細胞と細胞間脂質がレンガのように重なることで水分を保っています。その肌の水分を留める重要な役割をしている細胞間脂質の、約50%を占めるのが「セラミド」なのです。

つまり、角質層にセラミドを補うことが肌の乾燥を改善するのにとても効果的です。

では潤い成分「セラミド」とは、どのようなものでしょうか?セラミドについてもう少し掘り下げてみてみましょう。

 

「潤いケア」の主役と言えるセラミドについて

セラミドとは

「セラミド」は角質層の細胞間脂質の主成分で、肌のバリア機能と保湿の両方でとても重要な役割を果たしている潤い成分です。


健康で潤いのある肌はきちんとセラミドが機能しています。ただ、セラミドは年齢とともに減ってしまいます。セラミドは加齢により激しく減少してしまう種類もあり、40~50代にもなると肌の保湿機能が著しく低下してしまいます。


セラミドが不足してくると、肌は、乾燥肌や敏感肌になってしまいます。肌の潤いケアのためにも、潤い成分であるセラミドを補ってあげることが大切です。

※セラミドは、乾燥肌だけでなく乾燥性敏感肌にも効果的です。

 

一滴



肌の保湿成分の代表格といえばセラミドの他にもコラーゲンやヒアルロン酸がありますよね。ですが、コラーゲンやヒアルロン酸は分子量が大きいことから、そのままでは皮膚の内部にまで浸透することはできません。

これに対してセラミドは表皮の一番上の層である角質層の細胞と細胞の間に存在する保湿成分です。そのためセラミド配合化粧水や美容液は、直接肌の角質層へ届き易く、とても高い保湿効果が期待できると言われています。


セラミドを配合した化粧品を使うのは、肌の保湿効果を期待するならもっとも堅い選択と言えます。
肌の乾燥を感じたら、セラミドをたっぷり配合した化粧品を使いたいですね。


セラミド高配合化粧品 ヒフミドを詳しく見てみる

ヒフミドを実際に試した体験談はこちら
⇒ ヒフミドを使ってみた!ヒフミドの保湿効果と使った感想

セラミドの種類

セラミド配合と書いてあるからと言っても、何を使っても大きな効果を期待できるとは限りません。

セラミドにはたくさんの種類があります。基本的に角質層の水分保持に関わっているセラミドでも、特性が少しずつ違うのです。

 

ミルク

天然セラミド(動物由来)

馬などの動物の脳や脊髄などから抽出したセラミドで、現在はBSEの問題により、牛由来のセラミドは販売されてないので馬由来が中心になります。

馬油(ウマスフィンゴ脂質)を精製すると、セレブロシドとなります。

化粧品の成分表示として、

  • セレブロシド
  • ウマスフィンゴ脂質
  • ビオセラミド

と表記されていれば、動物セラミド(馬セラミド)配合の化粧品です。

動物由来のため、人間の角質層の細胞間脂質と近く保湿力が優れていると言われます。敏感肌やアトピー性皮膚炎の人は、セラミド以外の防腐剤などに反応することもありますので、使用する前にパッチテストをするといいでしょう。

 

最近ではミルクセラミドと言われる牛乳由来のセラミド(スフィンゴミエリン)も話題になっています。スフィンゴミエリンは植物性セラミドよりも吸収力がよいということも明らかになってきています。

また、スフィンゴミエリンはセラミド2を生産する際に重要な役割も果たしており、セラミドそのものを肌に届けるというよりもセラミドをたくさん生み出す成分だと思った方が分かりやすいでしょう。

※どれも人の肌に存在するセラミドそのものではありません。

 


天然セラミド(植物由来)

植物由来のセラミドは「植物セラミド」とも言われます。米やとうもろこし、大豆、こんにゃく、柚子などから抽出し「グルコシルセラミド」などと記載されています。やはり「セラミドそっくりの成分」であり、セラミドそのものではありません。

動物由来のセラミドと比べて保湿力は落ちるものの、保湿効果やアトピー性皮膚炎に対する改善効 果が報告されており、アレルギーが起こりにくく、安全性も高いと言われます。


ヒト型セラミド

ヒト型セラミドも人間から抽出したものではなく合成したものですが、このセラミドが「ヒト型」と呼ばれるのは、人の角質細胞間脂質にもともと存在しているセラミドと、ほとんど同じ化学構造を持っているからです。

「ヒト型セラミド」は人の肌に存在するセラミドと同じように働き、角質層に自然に浸透します。他のセラミドと比べても肌への親和性が最も高く、本来の保水力を発揮します。


「セラミド」は、水に溶けにくく、化粧品へ配合することが困難で、以前はセラミドに似たような構造の「疑似セラミド」や、「糖セラミド」が化粧品に使用されていましたが、現在は独自技術によって「ナノ化」させるなどで化粧品に配合されるようになりました。

同じセラミド入りの化粧品を使うなら、「ヒト型セラミド」を配合したものを選びたいです。

一滴

ヒト型セラミドはさらにたくさんの種類があります。

次はヒト型セラミドについて、もう少し詳しく知ってみましょう。


ヒト型セラミドの種類と効果

代表的なヒト型セラミドの種類と効果は次のようになります。

主なセラミドの種類と効果

    • セラミド1:水分保持機能があり、外部刺激に対する優れたバリア機能も持つ
    • セラミド2:高い水分保持機能で水分のバランスを保つ
    • セラミド3:水分保持機能、シワを軽減する機能を持つ
    • セラミド4:角質の脂質バリア層を作り保持する
    • セラミド5:水分保持機能、ターンオーバーを促進、シワを軽減する機能
    • セラミド6:水分保持機能、ターンオーバーの促進、シワを軽減する機能
    • セラミド7:細胞の増殖分化をコントロールし、皮膚にある菌のバランスを整える

セラミドの種類はもっとあるのですが、主なものだけ計上しました。
でも、これだけでもいったいどれがいいのかわかりにくいかと思います。どれが重要なのでしょうか?

ヒト型セラミド どのセラミドが重要?

肌の潤い成分やアンチエイジング成分として、たくさんのヒト型セラミドの中で特に、セラミド1、2、3 が、重要だと言われています。


「セラミド1」はバリア機能をキープするための成分として重要ですし、「セラミド2」と「セラミド3」は、保湿効果が高いです。


また人間の肌にもっとも多く含まれているのが「ヒト型セラミド」という名前で化粧品に配合されていることが多い「セラミド2」です。全体のセラミドの約21%を占め、肌に及ぼす影響力がとても高いといわれています。


「セラミド3」と「セラミド5」は加齢による減少が激しく、保湿機能が低下します。セラミド1と合わせ3と5が減少することによって、皮膚が過敏になり、さまざまなトラブルにつながると言われています。(アトピー性皮膚炎、ドライスキン、角化症など)。

肌の悩みが大きい

セラミドを補うには

セラミドは、ストレスや環境、体調の変化、外部の刺激、加齢などにより減少し保湿機能は低下しますが、食品やサプリメント・セラミド配合の化粧品などで補うことが可能です。

 

でも、セラミドの場合、一番効率よく補えるのが実は化粧品で、「クリーム」や「乳液」から補うのが一番効果的だと言われています。

 

また、各化粧品メーカーは、配合したセラミドの潤い効果を高めるために、セラミドをナノ化させることで肌に浸透させやすくするなど工夫をこらしています。選ぶときは浸透性にまで着目した化粧品を選ぶといいでしょう。

 

浸透性にまで着目した、ヒト型セラミド配合の、製薬会社「小林製薬」が研究開発した乾燥肌向け化粧品が、「ヒフミド」です。


ヒフミドは水分保持(保湿)機能やターンオーバーの促進、シワを軽減する機能が高いヒト型セラミドをたっぷり配合しているので、40代、50代と年を重ねて、肌の乾燥や、顔のしわなどで悩んでいる女性には最適な化粧品と言えるでしょう。



実際に私自身も、浸透性にまで着目したヒト型セラミド配合の化粧品「ヒフミド」を試してみました!
ヒフミドの使用感は?潤い成分の効果は?下記もご覧いただけたら幸いです。

⇒ 小林製薬のヒト型セラミド!ヒフミドの保湿効果と使った感想


乾燥肌に潤いを与えるセラミドの保水力と効果を試せる、
トートバッグまでついたお得感で言えば間違いなく満点のトライアルセットは下記から。