美容家でもある友人から「肌や髪がきれいになるミネラル水があるよ」と教えてもらったのをきっかけに、ある水に興味を持ちました。

 

 

調べてみたらその水は肌や髪だけでなくからだ全体のアンチエイジングに効果があり、日本ではまだまだですがすでに世界的に飲まれているようです。そのミネラル水でアンチエイジングできるのか?まとめておきます!

肌や髪がきれいになるミネラル水とは?

私たちの肌や髪の毛、ツメや骨を丈夫にするためには、コラーゲンやカルシウムが大切なことはすでにご存じだと思います。

そのコラーゲンやカルシウムをからだの中で生成するために、そのあるミネラルが作用します。

そのミネラルとは「シリカ(ケイ素)」です。そう、美容家の友人が教えてくれた肌や髪がきれいになるミネラル水とは「シリカ水(ケイ素水)」のことでした。




シリカとは

シリカとは「ケイ素」のことで、私たちのからだに必要な必須ミネラルであり、髪の毛・ツメ・血管・骨・関節・肌などに含まれます。

ケイ素は1972年の研究で、必須ミネラルであることが判明しています。必須ミネラルというのは、体内になかったら問題がおきるので絶対必要なミネラルということです。

ケイ素(シリコン、シリカ)は地球上で2番目に豊富な元素で、水や植物、動物由来の食事から体内に取り込まれます。また体内には数パーセントしか含まれていない微量栄養素と呼ばれる栄養素であり、ミネラルの一つです。

引用:ホリスティキュアメディカルクリニック

シリカ(ケイ素)の美容効果

シリカには、骨や血管を丈夫にするので健康に良いだけでなく、肌や髪、ツメを健やかにする美容効果が高いことがわかっています。

注目したいのは美容効果で、シリカは美容に直接的な効果をもたらしてくれます。

私たちの肌、髪の毛、ツメ、骨をつくる「コラーゲン」や「カルシウム」の合成や活性化に重要で、肌やツメ、髪などの再生、強さ・弾力性を改善するために必要なミネラルがシリカなのです。

 

シリカは人体に取って必要なすべての栄養素を誘導する役目を担い、またそれぞれのマスターキーを持っています。
例えば、カルシウムを摂取しても骨になるとは限りません。
カルシウムが骨の形成に作用する為に誘導し指示をする役目がシリカだと言う事は各研究により判明してきております。
全ての栄養素を手助けする、人体に取ってもっとも重要な栄養素がシリカなのです。

引用:http://ironaa.com/silca/1.html

 

元々私たちのからだの肌、髪、ツメ、骨などの様々な部分に含まれているシリカ。

そのシリカが作用することで肌の調子が整い髪は艶が出てすこやかになり、ツメが割れにくくなります。また骨も強くなり、血管も丈夫になるのでアンチエイジング(老化予防)につながり健康面でも期待できます。

 

 

きれいなツメをしている人は体内にシリカ(ケイ素)が十分にある人、ということが言えますね。

このように健康や美容効果の高いアンチエイジング効果も期待できるミネラル「シリカ(ケイ素)」ですが、肌の強さおよび弾力性を改善するため、特に「肌」にとっては重要なミネラルであると言われています。

肌に良い成分というとコラーゲンの他にも「ヒアルロン酸」、肌の弾力を保つ「エラスチン」などを思い出しますが、シリカはヒアルロン酸、エラスチンなどを結びつける働きもあるので肌にハリや弾力性を与えてくれるのです。

 

 

シリカ水を飲んでも害はない?

シリカ(ケイ素)には2つの種類があります。私たちのからだの肌、髪、骨などに含まれる水溶性のシリカと、鉱物由来の不溶性のものです。

人のからだに含まれる必須ミネラルとしてのシリカは、非結晶性、水溶性のものになり、鉱物由来のものとは違うものになります。人体にはおよそ1.8gの微量のケイ素が存在するのですが、こうしたシリカはケイ酸などの水溶性シリカの形で食物や飲み物などから吸収されます。

 

シリカは食品添加物としての利用も多く、食品添加物以外にも顔料、健康食品として使用されています。食品添加物としては厚生労働省より使用が認められています。つまり安全性が高いということですよね?もちろんシリカ水を飲んでも害はありません。

 

シリカは、二酸化ケイ素ならびに微粒二酸化ケイ素の状態で、現在日本における食品添加物として厚生労働省よりの使用が認められている。
食品添加物として利用される非結晶性のシリカは、「無水ケイ酸」とも呼ばれ不溶性で、体内で消化吸収されず排出されるため身体に害はない。

引用:ウィキペディア(Wikipedia)

シリカ不足になるとどうなる?

肌や骨、間接にたくさん存在していたコラーゲンやカルシウムは、更年期を過ぎた頃から不足しがちになります。それを補うためにシリカも一気に減少します。さらに、紫外線を浴びる、タバコを喫煙するなどでもシリカは減少します。

 

シリカが減少し不足すると、肌や髪、爪、骨など健康や美容の面で大きな影響があります。

ツメや骨がもろくなるだけでなく、髪の毛にもシリカ不足が影響され、抜け毛切れ毛、枝毛になるなど髪がパサつきやすくなります。また肌の老化が進むと見た目年齢も老けてきます。美容的にも健康的にも良くありません。

そして実際にシリカが不足気味の人はとても多いそうです。

 

シリカ不足はどうやって見分けることができる?

シリカ(ケイ素)がからだの中で不足してくるとまずツメに表れると言います。

シリカ不足になったツメは艶がなくなり、縦線が目立つようになります。また、すぐに割れる、二枚爪になるなど、ツメがもろくなります。

ツメにあらわれたらシリカ(ケイ素)を摂るようにすると良いでしょう。

では、からだの中のシリカを補うには何を摂ればよいでしょうか?

 

シリカを補うことができる食品など

シリカを補うには下記のようなシリカを多く含む食品を十分摂るようにしましょう。

シリカ(ケイ素・硅素)が多く含まれる食品

  • きび 、小麦 、とうもろこし
  • 玄米、じゃがいもなどの穀類
  • 青のり、乾燥わかめ 、蛤、帆立
  • アスパラガス、ほうれん草、バナナ、レーズンなど

 

シリカは食事以外にもシリカ含有のミネラル水などで補うことができます。シリカを含むミネラルウォーターや健康食品(サプリメント)は市販されています。

シリカ含有ミネラルウォーター
⇒ クリスタルシリカ

 

ただ、シリカを含む食べ物はどんどん摂ればよいかと言うとそればかりが良いとは限らないようです。

ホリスティキュアメディカルクリニック、登坂先生のサイトによると、ミネラルは不足でも弊害が起きるけれど、逆に多すぎても弊害が起きる栄養素であり、シリカの摂取すべき上限がまはっきりわかっていないため、現段階ではシリカ含有の自然水がおすすめとのことです。

 

ミネラルは不足でも弊害が起きますが、逆に多すぎても弊害が起きる栄養素なのですが、ケイ素は摂取上限がまだはっきりわかっていません。

従って私は、現段階ではケイ素不測の方には、ケイ素が含まれている食品をしっかりとり、胃酸の分泌を助けしっかり吸収できるようにしてあげることと、ケイ素含有の自然水の摂取をおすすめしています。
引用:ホリスティキュアメディカルクリニック

 

美容効果やアンチエイジング(老化予防)効果が期待できるシリカは、私のようにツメが弱いなどの悩みがある場合には積極的に摂りたいミネラルですね。

シリカ含有のミネラル水を飲むことは、それだけで肌や髪をすこやかにし、骨やツメを丈夫にしてくれます。また、シリカには血管も丈夫にする効果があるので、見た目だけでなくカラダの中からアンチエイジングする方法としてとっても簡単で期待できます。

ミネラル水を毎日飲むなら、シリカの含有量を意識して選びたいですね。

シリカ含有量たっぷりのミネラル水
⇒ クリスタルシリカ

 

まとめ

シリカは私たちのからだに必要な必須ミネラル

シリカはコラーゲンやカルシウムの合成や活性化に重要

シリカを摂ることは肌や髪、ツメを健やかにする美容効果が高い

シリカが不足すると健康や美容の面で大きな影響がある

シリカが不足しているのを見分けるのにツメを見ると良い

シリカを補うにはシリカ含有の自然水がおすすめ


コラーゲンやカルシウム生成に役立つミネラル水
クリスタルシリカ