美白集中ケアができる【ルミキシルブライトニングシステム】。

トライアル版の体験談を書いたことがありますが、その後もクリーム本体を継続して使っています。

トライアル版の体験談で使用感や使用時の注意点などは、「ルミキシルトライアル体験談レビュー」でお伝えしました。こちらのページでは、「ルミキシルクリーム」を使い続けてみた肌の変化と使用前後の写真を載せておきます。

ルミキシル美白クリーム

 

美白効果が高い「ルミキシル」は、シミやくすみを気にされている方にはとてもおすすめです。下記記事も参考にしていただけたら幸いです。

 

ルミキシルブライトニングクリームを使い続けてみた肌の変化

アメリカの皮膚研究者によって開発された新しい美白成分「Lumixyl(ルミキシル)ペプチド」配合の「ルミキシルブライトニングクリーム」トライアルセットの体験談を美白集中ケア「ルミキシル」体験談レビューとして公開後、2ヶ月半ほど経ちました。その間ずっと「ルミキシルブライトニングクリーム」本体を使っているのですが、私の肌に明らかに変化が現れてきました。

ルミキシルシミ取りクリームセット

 

使用前は気になっていたくすみ。それがワントーン明るくなり、肌にハリが出たと感じています。


言葉で書くより見てもらったほうがいいと思い、かなり恥ずかしいので部分的ですが・・・実際の私の肌を撮って見ました。ごらんください。


ルミキシルブライトニングクリーム 使用前と使用後の肌の写真

まず使用前の肌です。ノーメイクで撮っています。

使用前 ビフォー

 

次は約2ヶ月半後です。同じくノーメイクです。

使用後 アフター

 

素人写真でわかりにくくてすみません。でもわずかですが、肌にハリが出たと思いませんか?

写真なので信じてもらいにくいかもしれませんが、肌の色も白くなった気がしています。たった2ヶ月半ほどですので変化はわずかで違いがわかりにくいのですが、自分では確実に変わってきたと思っています。

 

ルミキシルブライトニングクリームを使って感じた、肌への効果

短期間なので、大きな変化はないのですが、肌のハリや透明感など、自分だけで感じる効果や違いははっきりと感じることができています。

ルミキシルクリームを使って感じた効果

・肌にハリが出た

・肌がワントーン明るくなって透明感が出た

・肌色が白くなった

 

今後もルミキシルブライトニングクリームを何ヶ月か使い続けたら、人からの見た目もかなり変わってくると期待しています。

私はルミキシルブライトニングクリームで、気になっていた肌の透明感を出したいとか肌の色を白くしたいということが改善できそうなので、このまま今後も使ってみることにしました。

 

ルミキシルクリームは、肌の色を明るく白くしたい人におすすめかと思います。

 

ルミキシルブライトニングクリームの使用量と使えた期間

ルミキシルクリームは、1プッシュの量がこのくらいです。

ルミキシル

 

1プッシュ分を顔の半分、もう1プッシュを残り半分にのばしてから手の平で全体によくなじませて使いました。

 

つまり、1回に2プッシュ使用、朝晩2回で一日に4プッシュ使用。その使用量と頻度で1瓶で1か月半程度の期間使えました。

のびはとても良く、肌へのなじみも良いです。すぐに肌になじみ、べたつき感も全くありませんでした。

 

ルミキシルの成分「ルミキシルペプチド」の効果をおさらい

美白効果を期待できるクリームですがシミ取りクリームとは異なるので、「ルミキシルペプチド」の効果をおさらいしておきます。

ルミキシルペプチドについて

ルミキシルの成分「ルミキシルペプチド」は、これからできるシミをできにくくするのには期待できますが、今すでにあるシミを薄くしたい、消したいと言う場合は改善に期待できるものではありません。

実際、私の頬にあるシミはほとんど薄くなりませんでした。

「シミ予防」はできても、「シミ取り」効果は期待しないほうが良さそうです。
※今あるシミを薄くしたい場合はやはり皮膚科や美容クリニックでシミ取りするか、ハイドロキノンを処方してもらうなどが良いかと思います。

 

※ルミキシルペプチドの効果はルミキシルブライトニングクリームの効果とハイドロキノンとの違いで詳しくお伝えしています。

 

余談ですが、私が使ったルミキシルブライトニングクリームはオランダ屋さんで購入したので、説明にも日本語の表記がありません。

 

dsc_3098

 

美容クリニックなどの「医療機関」から正規品と言われるルミキシルを購入すれば、日本語での表記があります。でもどちらも本物ですよ(^^♪。

購入の仕方はいろいろあるのでご興味がありましたら、ルミキシル化粧品はどこで買えるの?を参考にしていただければと思います。

思いっきり詳しくお伝えしていますので、じっくり読んでいただけたら幸いです。

 

ルミキシルは下記で購入可能です

ルミキシルのこと書いています