「卵殻膜スキンケア」は、肌の弾力を取り戻し、シワやシミで悩みが尽きない肌を、ハリのある若々しい肌によみがえらせるエイジングケア

肌にハリがなくなってたるみも気になってきたと感じたら、肌の老化現象が始まっている証拠。

「卵殻膜スキンケア アルマード ラ ディーナ」は卵殻膜の力でⅢ型コラーゲンを体内で作り、弾力を失った肌から若々しい美肌を取り戻すお手伝いをします。

卵殻膜スキンローション

卵殻膜(らんかくまく)とは、ゆで卵を作ると見られる薄皮のこと

注目の成分「卵殻膜」の神秘的なパワー

鏡を見る女性

たまごは一つの細胞がヒナへと成長する時に必要な最低限の要素を備えた、いわば発育器。

殻に密着するように二重に存在する卵殻膜の役割は、ヒナを優しく包み込んで外部の微生物から守り、発育時の細胞の増殖、分化、生物依存に関与して誕生へと導くことです。

 

rankakumaku2

 

卵殻膜の主成分は天然由来の18種類のアミノ酸

卵殻膜の主成分は繊維状のたんぱく質で、18種類のアミノ酸で構成されています。その中でも人の肌や毛髪と組成がほぼ同じ「シスチン」が非常に多く含まれているのが特徴です!!

 

ぷるぷるの肌を取り戻す、美肌とエイジングケアのもと卵殻膜

体内でベビーコラーゲン(Ⅲ型コラーゲン)をつくりだす卵殻膜

赤ちゃんの肌にたっぷりと含まれることから、別名ベビーコラーゲンとも呼ばれるⅢ型コラーゲン。ベビーコラーゲンは肌のはりや弾力を保つ役割をしていますが25歳を境に減少し、体内で自ら作りだすことができなくなってきます。そんなベビーコラーゲンを体内でつくり、ハリや弾力を取り戻し、赤ちゃんのようなぷるぷるの肌へ導くのが卵殻膜のチカラです!!

卵殻膜は人の肌とほぼ同じ組成。体内に入った卵殻膜はⅢ型コラーゲンのみに働きかけ、弾力とハリを取り戻します!

卵殻膜コスメ

 

東京大学との共同研究であきらかになったコラーゲンとの関係

卵殻膜とベビーコラーゲン(Ⅲ型コラーゲン)との関係は、東京大学との共同研究であきらかになりました。

卵殻膜の力は生命科学の分野からも注目され、先人の知恵を現代の科学で解き明かそうと産学連携での研究が進んでいます。

卵殻膜と美容・健康の関係は科学的にも認められているのです。「シワやたるみ」「シミ」などのお悩みに、卵殻膜が導くⅢ型コラーゲンとL-システインの効果がハリ、輝き、透明感を与えていきます。肌の美しさは実年齢を忘れさせてくれるでしょう。

 

DSC04504 - コピー

 

すべての商品に卵殻膜をたっぷり配合した卵殻膜コスメ

すべてのアイテムに贅沢に卵殻膜を配合

アルマード・ラ・ディーナはすべての商品に贅沢に卵殻膜を配合しています。

そのままでは吸収されにくい卵殻膜を独自の技術で加工し「加水分解卵殻膜」とすることでさまざまな化粧品への配合を可能にしました。

また、こだわりの保湿成分を配合しているのでトロッとした濃厚な肌触りですが、少量でもスーっと伸びて、ぐんぐん浸透。卵殻膜に含まれるシスチンが体内でL-システインに変化するので紫外線が気になる季節にもおすすめです。

特に、美容液のような使い心地のスキンローションは、厳しい基準をクリアしたヒアルロン酸を2種類、天然由来の海洋性コラーゲンを2種類配合、さらに加水分解卵殻膜も配合されたお肌にハリとツヤを与えます。

まず試してみるのには、ローションがおすすめ。

「化粧水だけで、こんなにしっとりするの!?」と私も驚いたほどの保湿効果が期待できます。

⇒ アルマード・ラ・ディーナ ローションを見てみる

卵殻膜以外の保湿成分も配合の超保湿スキンケア

アルマード・ラ・ディーナのスキンケアラインには卵殻膜のほかにも肌の水分保持に重要な「Wヒアルロン酸」、ハリや弾力にために働く「Wコラーゲン」などの保湿成分を配合しています。

「ハリ、弾力、透明感」あふれる肌のための超保湿スキンケアでしっとりした肌を保ちます。

⇒ アルマード・ラ・ディーナ公式サイト