40代や50代にもなると、急にシミが増えハリがなくなるなどの肌の衰えを感じます。顔のたるみやほうれい線も気になり始め、肌の老化を感じますよね。特に肌のハリがなくなりシミが目立ち始めてくると、肌年齢は一気に上がります。

そのような年齢肌に対し、40代、50代になったらどういうことを意識して基礎化粧品選びをすればいいのでしょうか?

50代、肌の老化を意識して私がいつも基礎化粧品を選んでいるポイントをまとめてみました。

⇒ 40、50代のエイジングケアってどんなことをすればいいの?

40代、50代になるとほとんどの人が感じる肌の衰え

40代~50代にもなると特に感じるのが肌のハリの衰えです。

肌のハリがなくなるということは肌がゆるみ始めるということ。顔だけでなく肌表面に小じわが増え顔が何となくくすんで見えます。また毛穴も縦長に開き目立ってきます。

肌の老化

もちろん人によって差はありますが、若いころのプリプリ肌と比べるとハリがなくなってきたと感じるのは誰しもあることですね。

また、シミができてきて目立つようになると急に老けて見えるようになります。


対処しなければどんどん肌が老化していくだけです。40代50代になったら20代の頃と同じではなく、年齢に合わせた基礎化粧品で肌老化を意識したスキンケアをしたいです。

肌老化を意識したスキンケアをすることで必ず何かしらの効果があります。

⇒ 肌のハリと弾力に効果的な化粧品の美容成分

 

40代、50代でも若く見える人がしていること

40代、50代でも若く見える代表が女優さん達。女優さんは40代、50代でも実年齢に思えないほど若く美しい人がたくさんいます。

黒木瞳さん、石田ゆりこさん、山口智子さんや井森美幸さんなど、その年令とは思えないほどキレイで若々しく、肌もハリがあり美しいですよね。



「お金をかけているから」とか、「元々遺伝子レベルで綺麗だから」と言う声が聞こえそうですね。もちろん女優さんはお金もかけていますし、生まれつき綺麗です。が、実年齢より少しでも若く見えるために多くの努力をしているのは確かです。

たとえば石田ゆり子さんは、姿勢の良さのために「ピラティス」を続け、透明感のある肌やすっきりとしたフェイスラインを保つためには、「きちんと口のまわりの筋肉を意識してしゃべる」ように意識しているそうです。

あの森高千里さんも、週に数回、プールで30分かけて1キロの遠泳を行い、美脚維持に努めています。

参考URL:http://www.asagei.com/excerpt/36594


女優さんはからだが資本ですから、体力的にも若くなくてはいけませんし見た目の若々しさも重要です。


このように女優さん達はダイエットや食事などに気を使い、人一倍若さを保つ努力をしています。またアンチエイジング効果のある若返りサプリや基礎化粧品なども使って、肌老化を意識した【肌のアンチエイジング】もとても重視しています。

※必ずしも前述した女優さん全員が重視している、という意味ではありません。

 

40代~50代に必要な肌老化にフォーカスした基礎化粧品の選び方2つ

肌の若々しさのポイントとなるのが肌のハリやシミくすみ。40代~50代になったら肌老化にフォーカスしたアンチエイジング化粧品を選ぶことが必要です。その際のポイントは2つあります。これらを理解したうえで年齢に合う基礎化粧品を選んでいきたいです。

プリプリ肌

1.エイジングケア(若返り)成分が配合されている化粧品を選ぶ

若々しさのポイントである肌のハリやシミなどの主な原因は、加齢や紫外線によるダメージなどでおこる、コラーゲンやエラスチンの減少・劣化です。皮膚を支えるコラーゲンが減少・劣化すると、ハリや弾力を維持できなくなり「しわ」や「たるみ」となってきます。


特に40代~50代は肌のハリや弾力の衰え(肌老化)を急に感じる年齢です。コラーゲン生成を促す成分が配合されている化粧品を積極的に使うようにしたいです。



また、40代~50代になると肌の水分と脂のバランスも崩しやすくなるため、肌が乾燥し、摩擦・紫外線などの外的な刺激から肌を守る力(バリア機能)が急激に弱まります。


理想の肌の状態を保ち、肌の潤い、ハリを保つためにも、アンチエイジング(若返り)成分や保湿成分が配合されている基礎化粧品を積極的に取り入れるようにします。


【若返り効果のある主な成分】
プラセンタエキス/ビタミンC誘導体/グロス・ファクター(成長因子・GF)/
セラミド/ヒアルロン酸/コラーゲン/NMF/リン脂質等

※コラーゲン生成を促し肌の潤い効果の高い代表的な成分は
『アンチエイジング化粧品に使われる成分一覧』を参考にしてください。

2.有効成分が肌にしっかり浸透する化粧品を選ぶ

通常、肌バリアで守られている肌に、ビタミンCなどの美肌成分を届けることは難しいです。

ですが現代では、超微小カプセルの中に美肌やアンチエイジングに有効な成分を包み込み、角質の奥まで浸透させることができるような「ナノテクノロジー」を取り入れた化粧品など、肌の奥まで有効成分を浸透させることが可能な技術も研究されています。

 

ナノ化された有効成分は高い浸透力があるため、肌の内側から肌質を改善してくれる効果が期待できるます。

 

各化粧品メーカーの技術開発は10年前とは考えられないほど進み、さまざまな美容成分の研究が進み、商品化されています。

40代~50代になったら有効な美容成分が配合された基礎化粧品で、肌にしっかり浸透させ効果の持続力もある化粧品を選びたいですね。

 

若返り効果


40代~50代の基礎スキンケアはアンチエイジング化粧品から選ぶ

ヤフー知恵袋などを読むと、アンチエイジング成分の配合された効果の高い化粧品でありながら価格的に安い物を探していると書いてあるのを時々見かけます。

でも考えてみてください。

美味しくて柔らかい高級なお肉を食べたいのに、安い値段のものを探してもそれなりの物しか見つかりませんよね?

 

20代の若い女性や、保湿するだけの化粧品を望む人ならそれなりの化粧品ででいいでしょう。そこそこのものは見つかると思いますので。


でも、有効成分をたくさん配合し、時間をかけて研究した技術で肌の奥まで浸透するアンチエイジング効果の高い基礎化粧品は、やはり価格的にもある程度します。本当に肌老化を意識した基礎化粧品を望んでいるなら、40~50代の私たちは多少の出費は覚悟するべきだと思っています。


でも40代~50代は、子供の学費や家のローンなどの負担が多く、個人的な基礎化粧品になかなかお金をかけられない世代です。気の合う仲間と食事をしたり好きな服を買うなどの自分にかける時間やお金も時には欲しいですので、毎日使う化粧品に高いお金をかけにくいです。


が、子供にかかる学費も先が見えてきて、そろそろ自分の肌やからだに気を使う余裕ができてきた頃ではありませんか?そして仲間との食事は1~2回我慢したからといって手遅れになるということはありません。


でも肌やからだは長く放置すると手遅れになってしまうことがあります。ちゃんとケアしてあげないともしかしたら後悔することになってしまうかもしれません。


肌やからだは何もしないと、本当にどんどん老化していくばかり。手遅れになる前に、肌をいたわること、からだをいたわることを始めたいですね。


それにはまず食事や生活習慣を整えましょう。

⇒ 食習慣を変えて痩せ体質になれたやり方まとめ

それでも補えなくなる栄養素はサプリメントや健康食品で補うこともできます。

⇒ 10歳若返るサプリメントおすすめ10選

どんどん衰える肌のスキンケアは40~50代という年齢なりのアンチエイジング効果の高い基礎化粧品から選ぶようにしたいです。

40代~50代になったら使いたいおすすめのアンチエイジング化粧品

40代~50代の肌には、基本的な保湿成分だけでなくアンチエイジング成分を取り入れた、浸透させる高い技術も合わせ持った基礎化粧品を選びたいです。

私自身も使ってみて効果を期待できると感じた、40代~50代の方におすすめしたい【エイジングケア成分】や【保湿成分】が配合された、肌のハリなど肌老化にフォーカスした基礎化粧品を3つ紹介しておきます。



◆グロス・ファクター(成長因子・GF)を高配合し、透明感のある肌が期待できる美容液

美容液 透輝の滴(とうきのしずく)

⇒ 透輝の滴(とうきのしずく)を使った体験談

ツヤ・ハリ訴求

 


◆40代~50代になると不足する【肌に存在するのと同じ構造の天然型セラミドII】で乾燥肌だけでなく敏感肌にも効果的

小林製薬ヒフミドトライアルセット

⇒ ヒフミド トライアルセットの体験レビュー




◆天然の赤い美容成分「アスタキサンチン」を独自の技術(ナノ化)で肌の奥までしっかり吸収、浸透

アスタリフト 公式サイト




40代~50代になったら使いたいおすすめのアンチエイジング化粧品10選

⇒ 『アンチエイジング効果の高いスキンケア化粧品おすすめ』


次のページ ⇒ 色白肌になるための3つの方法 へ